離婚原因になる金銭問題

お金の問題で信頼も無くなる

お金の切れ目は縁の切れ目でもあります。金銭問題が離婚原因になることもありますから、パートナーには嘘をつかないことです。隠れて借金をしたりギャンブルをしたりするひともいますが、いずれバレてしまうでしょう。
収入に余裕がない家庭ほど、このような問題が勃発する確立が高いのです。夫婦のどちらかがお金の管理をする家庭が多いのですが、出来ればお金の管理が得意な方が管理をしたほうが良いでしょう。お金の管理が得意ではないのに、好きに使いたいから主導権を握るひともいます。
その場合は貯金も出来ず、やりくりも出来なくなってしまい、消費者金融などに手を出してしまうというパターンもあります。相手にバレたくないから隠れて行っても、支払いが滞ると家に封書が来たり電話がきますから、そのうち知られてしまいます。内緒にされていたことが、イコール裏切られたと感じてしまいますから、お金の問題もそうですが、それ以前に信頼がなくなってしまいます。
夫婦に隠し事は禁物です。特に共有するものに関しては、どんな些細なことでも伝えておくことが大切です。金銭問題は自分だけではなく、家族にも影響がありますから、自分の欲を優先しないようにしましょう。

結婚前に見極めたいパートナーのお金に対する考え方

まずは家族の生活が一番で、余裕がある時に、趣味などに使う分には問題ありません。自分の家庭には借金はないと思っていたのに、知らない間に多額の借金があったと知ったら絶望感でいっぱいになります。お金にだらしないひとは、そういう性格ですので治すのは難しいでしょう。だらしないと自覚をしていてパートナーに任せてくれるならば大丈夫ですが、だらしないのに自分ですべて管理したいというひとは危険です。結婚前に見極めましょう。